大人になっても脳は成長する!大人の脳の鍛え方

脳がトレーニングしている様子

かつては、「脳の成長は16で止まる」と言われた時代もありました。しかし、脳科学の研究がすすみ、人間の脳は、いくつになっても成長し続けることがわかったのです。

ただし、10代の脳の成長と、30代の脳の成長は異なります。
今回の記事では、大人の脳が成長する部分と、その脳の鍛え方について紹介していきますよ~

大人の脳は衰えるだけ?

年を取ると、脳は衰えていくと考えられています。しかし、実際には、年齢と脳の働きの関係性は薄いのです。

実際に、20代の若者と、70代の老人に、記憶力を測るテストを受験してもらったところ、ほとんど同じ成績になったという研究結果が得られています。

では、なぜ、お年寄りは物忘れをしやすいイメージをするイメージを持たれるのでしょうか?

それは、年齢のせいではなく、生活習慣のせいです。

定年退職し、毎日家にいて、家族と会話するだけでは、脳が衰えてしまうのも当然です。
高齢者であっても、趣味を持って、様々な活動にいそしんでいる人はいつまでも脳が衰えるばかりか、さらに進化していきます。

一方で、どんなに若くても、脳に刺激のない生活をしていると、脳はどんどん衰えていってしまいます。

たとえば、引きこもりの人は、誰とも会話することなく、ネットの画面を眺めているだけです。
すると、会話に関係する脳の部分が衰えていき、久しぶりに人と話そうとしても、うまく言葉が出てこなかったり、会話自体に恐怖心を抱いてしまうのです。

このように、脳の年齢では能力は、年齢ではなく、普段どれだけ刺激に触れているかによって決まります。

 

脳は刺激によって育つ

脳に刺激を与えず、衰えさせているのは、引きこもりに限った話ではありません!
社会人でも、気づかないうちに、どんどん脳を衰えさせる習慣を取っている可能性があります……

最初は、分からないことだらけだった仕事も、だんだん慣れて、自分のやり方が確立されていきますよね。
すると、刺激的な体験は減り、安定はしているものの、つまらない毎日のように感じるかもしれません。

この、状態は脳にとって危険です!
新たな刺激を、脳に経験させてあげることによって、脳を鍛えていきましょう。

みなさんも年を取るにつれて、頑固になっていませんか?

今まで自分が積み重ねたものを否定したくないあまり、どんな人も、徐々に保守的な人間になってしまいがちです。

しかし、脳を成長させ続けるためには、いくつになっても、失敗を恐れずに、新しいことにチャレンジし続ける姿勢が重要です。

 

大人になっても脳を成長させ続けるために

日常に刺激を与えて、脳を鍛えるために、大切な考え方をまとめました。

 

欲望を持つ

欲深いことは、良くないことと考えられがちですよね。
しかし、「絶対これがしたい!」「これが欲しい!」といった、欲望を持つことで脳に刺激を与えることができます。

欲望を持つことによって、人は前向きになり、何事にも挑戦できるようになりますが、この、挑戦こそが脳を鍛えるにあたって重要なのです。
○○したい!と思わないようになれば、そこで、思考が停滞してしまい、変化を楽しめなくなります。

脳のためにも、自分の欲望に正直に過ごしましょう!

 

好奇心を持つ

人の話を聞くときに、興味を持って話を聞くようにしてみましょう。いままで、自分では見向きもしなかった世界を知るかもしれませんよ!

また、あたらしくできたサービスや技術を体験してみるのもいいでしょう。
今であれば、VRの体験などは、なかなか面白かったですよ(笑)

 

年齢の離れた友達をつくる

いつも同じ友達とばかり遊んでしまってはいませんか?
自分や、いつも仲良くなるタイプではない人との交流は、新しい発見をもたらしてくれます。

できるのであれば、年齢の離れた友達をつくるのがおすすめです。

年上であれば、考え方などでいろいろと学ぶことができる点があるでしょうし、年下であれば、自分の知らなかった知識や流行などを知ることができるかもしれません。

TwitterなどのSNSで趣味を通じて、知り合うのがおすすめですよ!

 

過去の成功に固執しすぎない

年を重ねるほどに、経験豊富になるので、昔うまくいった方法をとりがちです。
しかし、毎回、同じ行動を取っていては、そのうち思考停止状態におちいってしまう可能性があります。

すると、どんどん、変化を恐れるようになってしまい、成長の機会を逃してしまいます。

なので、毎回フラットに考え直してみることで、脳に刺激を与えることができるし、結果もうまくいくのではないでしょうか。
もちろん、経験をないがしろにするのではなく、上手に新しいことを取り行ってみることをおすすめします。

決断思考については、こちらも参考にしてください

【書評|武器としての決断思考】世間という激流に人生を支配されない方法

2018.05.23

毎日やっていたことをやめてみる

毎日、何となくやってしまうことはありませんか?
テレビを夜遅くまで眺めていたり、2チャンネルのまとめサイトをなんとなく開いていたりと……

それらの、行動を自分が本当にしたいことなのかをあらためて、考え直してみましょう。
もしも、なんとなく習慣で行っているだけならば、やめてしまい、本当に自分がやりたいことは何なのかを考えてみるといいかもしれません。

勘違いしないでほしいのは、「テレビを見るのをやめて、英語の勉強をしなさい」と言っているわけではないことです。

自分が、本当に見たいテレビ番組があるなら、もちろん見るべきです!

しかし、人は疲れると、ラクな方向へ引っ張られてしまいます。すると、テレビやスマホをみたりといった、脳にとってカンタンな行動をしたくなります。

しかし、それらの行為は、脳を休めているようで、逆に疲労させているのです。なぜなら、脳は、ぼんやりしているときにも、大量のエネルギーを使うためです。

そこで、やりたいことを見直しして、自分が意識しておこないたい!と欲望を持てることだけに脳のエネルギーを使いましょう。

その間の休憩には、瞑想がおすすめです。

長時間の瞑想で悟りは開けるのか!?効果はあるのか検証してみた

2018.05.27

 

日常的に脳に刺激を与える

日常的に、新しいことに挑戦をすることで、脳に刺激を与えることができます。
具体的な内容については、以下の記事を参考にしてください

 

まとめ

脳は刺激を与えることによって、一生成長する、唯一の器官です。

変化を恐れずに、たくさんの経験を積んで、自分好みに脳を鍛えていきましょう!