大会に出たいトレイルランナーにおすすめ!オリエンテーリングの始め方・費用を解説

いま森の中を駆け巡るトレイルランが注目を浴びています。
趣味として始めた方も多いのではないでしょうか?

トレイルランをやっている!
または、興味があるという方におすすめしたいのが“オリエンテーリング”です。

オリエンテーリングとは森の中に設置されたチェックポイントをめぐるタイムを競う北欧生まれのスポーツです。

コンパスと地図(オリエンテーリング用の情報が多くて見やすい地図です…!)をもってゴールを目指します。

この記事では、オリエンテーリングに興味がある人やトレイルランを始めた人に向けてオリエンテーリングのルールや大会への参加方法、コストを紹介していきます。

オリエンテーリングとは?

Wikipediaによるとオリエンテーリングとは…

オリエンテーリング(英語:Orienteering)は、地図とコンパスを用いて、山野に設置されたポイント(コントロール)をスタートから指定された順序で通過し、フィニッシュまでの所要時間を競う野外スポーツの一種。19世紀中頃スウェーデン軍が訓練の一環として始めたといわれる。ここに引用元のページタイトルやサイト名を書きます

と説明されています。

より理解していただくために実際の大会の流れに即して説明していきます!

受付・スタート地点へ移動

オリエンテーリングは主に森林で行われます。
(都内の公園で開催される短距離のモノもありますが)

地域の公民館や小学校の体育館が荷物を置いておく拠点になっています。
まずはそこに集合して着替えや受付をすましましょう。

その後は、山の中にあるスタート地点まで移動します。
拠点からだいたい10~30分ほど歩いた場所にあることが多いです。

拠点からスタートまでどれくらいの時間が掛かるかは大会の要綱に書かれています(大会のホームページで確認できる)

オリエンテーリングは一斉スタートではなく、1分間隔ごとにスタートします。
自分のスタート時間を要綱で確認して、10分前くらいにはスタート地点に到着できているようにしましょう。

スタート地点では出走3分前までの人がスタートテープ前に集合します。

スタートするときに運営の方に地図を渡されてレーススタートです!

競技中

さて、スタート地点で渡された地図を見てみましょう。

〇がたくさんありますね。

先輩
「△の地点がいまいるスタート地点だな!」
実は△はスタート地点から少し離れた場所にあります。
なんて紛らわしいんだ…!

でも安心してください。
スタートからすぐそばにポストと呼ばれるオレンジ色の目じるしがあります。

これが置いてある場所が地図上の三角形です。
このオレンジの目じるしはすべての〇印の地点に置いてあります。

次は地図上の一番目の〇を目指しましょう!

もう一度、△から〇1までを確認するために地図を見てみると黒い点線が見えますね。
これは小径と呼ばれる、森の中の道にある小さな道です。

まずは小径をたどって西に進みます。
すると北側に山になっている部分(ピーク)がありますね。

その地点で南側に進めば〇1のポストを発見することができます。
この要領でゴールを目指しましょう!

「むずかしそう…。地図とか読めないしムリだ…」
そう思った方は安心してください。

今回は雰囲気をつかんでもらうために難しい地図を使用したものの、初心者向けの簡単なコースもあります。
それに、なんどかやってみると意外とできるようになってますから!

「どうやってぜんぶのポストを通ったて分かるの?」
Eカードと呼ばれる、suicaのようなものでタイムを記録しています。

これを指にはめて出走します。

ポストの近くにある読み取り機にEカードをはめると時間を記録するんです。

Eカードは大会ごとに300円で借りることができます。

かかる費用はどれくらい?

オリエンテーリングの大会の参加費は大会によってまちまちです。
だいたい相場としては2000円から3000円ほど。

装備はコンパスが3000円。
シューズはトレイルランニング用のシューズが10000円ほど。

他の趣味に比べても初期装備は安い方ではないでしょうか。

ただし、大会会場までのアクセスが悪いため交通費がかさんでしまうかも…

大会に参加する方法は?

オリエンテーリングの大会にはネットから参加申し込みできます。

http://www.orienteering.com/index-j.htm
こちらのサイトでどんな大会が開催されているのかが分かります。

サイトを見てもらえれば分かりますが、実は毎日のように大会は開催されているんです!

また、オリエンテーリングのクラブに所属してうまい人に教えてもらいながらやってみるのもいいですね。

東京だけでもオリエンテーリングのグラブはいくつかあります。
https://orientokyo.jimdo.com/%E5%8A%A0%E7%9B%9F%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96/

いずれのクラブも常時メンバーを受け入れているので気軽に連絡してみてください!

おわりに

森林を地図を片手に駆け抜けるオリエンテーリング。
この記事を読んで、興味を持っていただけたら幸いです!

おすすめ記事

ストレス解消!陸海空で自然と触れ合える趣味14選

2018.09.04

20卒版|就活生が利用すべき無料webサービス7選

2018.07.10

父親の風俗通いを知ってしまったときに取るべき行動とは?

2018.08.24