口呼吸改善!正しい舌の位置に直す方法まとめ


鼻呼吸に比べて、たくさんの弊害がある、口呼吸。

口呼吸は、口が開いていて、アホっぽくみえてしまいますよね(笑)

それだけではなく、口呼吸は健康にも大きな悪影響を与えてるのです。

この記事では、口呼吸の原因である、間違った舌の位置を解説し、正しい舌の位置に強制するための方法を紹介します!

 

口呼吸の弊害

口呼吸が私たちに与える、影響にはどんなものがあるのでしょうか?

私たちが思っているより怖い、口呼吸の弊害についてまとめました。

 

口臭が臭くなる

口呼吸を行っている人は、鼻呼吸をしている人よりも、口臭がきつくなることが多いです。

口呼吸が癖になっている人は、無意識のうちに、軽く口がぽかんと開いています。

口が開いていると、口内が乾いた状態になるため、細菌が繁殖してし、口臭の原因となるのです。

口臭に悩んでいる人は、
「自分が無意識のうちに口呼吸をしてしまっていないか?」
「気づくと、いつも口内が乾いてしまっていないか?」
をチェックしてみてください。

 

病気にかかりやすくなる

鼻で呼吸を行う際は、鼻で空気中のごみを取り除き、加湿も行います。

まさしく、鼻は呼吸するための器官と言えるでしょう。
鼻呼吸をすることが人間にとって普通の状態なのです。

一方で、口呼吸の場合は、乾いた空気を、空気中に含まれるちりやウイルスと一緒に吸い込んでしまうため、免疫の低下につながります。

また、鼻呼吸では、口呼吸に比べて、吸い込んだ空気の温度が高いです。

僅かな温度の差ですが、これも、肺の免疫に影響を与えます。

 

呼吸が浅くなり、自律神経が乱れる

口呼吸は鼻呼吸に比べて、すいこむ空気の量が少なくなってしまい、深い呼吸をすることができません。

呼吸と自律神経を深い関係性があり、呼吸が浅いと、交感神経が過剰に活発になってしまいます。

交感神経が優位になりすぎると、イライラが抑えられなくなったり、気分が落ち込みやすくなってしまいがちです。

気分がいつもすぐれないと悩む方は、鼻で深い呼吸をすることを意識するといいかもしれません!

 

口呼吸の原因は舌の位置にあった

人は生まれた時はみんな、鼻呼吸を行っています。

しかし、鼻づまりなどで、口呼吸を行ったときに、そのまま口呼吸が癖になってしまうことがあるのです。

でh、鼻呼吸ができる人と口呼吸しかできない人の違いは何でしょうか?

実は、鼻呼吸の人と、口呼吸の人では、舌の位置が違います。

私も以前は口呼吸だったのですが、自分が当たり前だと思っていた舌の位置が、実はみんなと違うことを知って驚きました!

 

舌の正しい位置とは?

舌は正しくは、“上あごのくぼみ”にぴったりはまっています。

常に舌と上あごが密着している状態です。

一方で、正しくない舌の状態を“低位舌(ていぜつたん)”と言います。

舌の筋肉が弱く、舌先が歯のあたりまで落ちてしまっているのです。

低位舌の場合は、口の中に空値が入り込むスペースができてしまうため、口呼吸に繋がってしまいます。

 

正しい舌の位置に治すために

舌を正しい位置にもどし、口呼吸を改善するために行うべき方法を紹介します。

即効性があるものではありませんが、習慣にすることによって、徐々に鼻呼吸できるようになるので、地道に続けてみてください!

 

メモを見て思い返す

口呼吸を改善するためには、“常に舌を上あごにつける”必要があると説明しました。

しかし、意識しないと、すぐに舌が落ちてしまうと思います。

そこで、ふと、舌の位置について思い返す回数を増やす必要があるのです。

解決法として、おすすめなのが、目に入るところには思いだぜ様にメモを置いておくことです。

キッチンやテレビの横にふせんを張っておくと効果的です。

しかし、家じゅうに、張り紙があったら、人が来た時に恥ずかしいですよね(笑)

そんな人は、手帳に書き込んで、スケジュールを確認するときに思い出したり。

パソコン上で作業する際に思い出せるように、wordなどを保存するときに、メモをして、作業を再開するときに、思い返せるようにするといいかもしれません!

 

舌トレをする

舌が落ちてしまう。
正しい位置でキープできないというのは、舌の筋肉が弱っていることは原因です。

そこで、舌の筋肉を鍛えるトレーニングを行いましょう。

詳しいトレーニング方法は以下の記事で紹介しています。

舌足らずの原因は舌と脳にあった!改善方法まとめ【舌トレ編】

2018.05.07

 

まとめ

口呼吸は、舌を正しい位置に強制することで改善することができます。

そのために、舌を上あごにくっつける習慣を身につけましょう!