ラファエルが紹介した水耕栽培の投資は詐欺?運営会社のAgras Japanとは?

YouTuber

登録者数200万人を誇る人気YouTuberのラファエルさんが紹介した水耕栽培の投資が怪しすぎると話題になっています。

利回り84%とはいかにもあやしい…
というか、ほぼクロです笑
その理由をまとめ、ラファエルさんが概要欄で紹介していたLINEに実際に登録することで実態を調査してきました。

なんでこの投資は詐欺だと思われてるの?|ラファエル水耕栽培投資案件

そもそも、なぜこと投資話があやしいのかを私なりの見解ですがお伝えしていきます。

まず一つ目に、84%という高すぎる利回りです。
利回りとは何かというと、投資してくれたお金が一年後どれくらいで帰ってくるかの目安です。

例えば、1000万円を投資してしたとしましょう。
利回りが84%だと、一年後には1000×0.84=840万円が加算されて、1840万円がかえってきます。
これが5年間続けば840×5=4200万円ですね。

投資する側からすれば最高の投資と言っていいでしょう。
でも、投資を受ける側になって考えてみてください。

5年後に5200万円を返すために1000万円借りるような真似をするのは、気がくるっている人かビルゲイツ並みの金持ちの気まぐれでしか起こりえません。
(つまり起こりません)

もしも、本当にお金を集めたい。そして、投資を受ける価値のある事業であれば銀行が融資してくれるはずです。
この低金利のご時世、年利1%ほどで借りることができると聞いたことがあります。

この経営者の方は何を好き好んで1%で借りられるお金を84%で借りようとしているのでしょうか。

※ちなみに一般的な投資では、利回りが3%あると大変優秀だと評価されます

二つ目の理由は事業内容のお粗末さです。
この投資話は水耕栽培を設備を拡大するための資金提供。

水耕栽培とは室内で野菜を育てるビジネスです。
気候に左右されることなく、単価の高い野菜を出荷できるのでよさそうですが、実際には半分以上の施設は赤字です。

ラファエルさんの動画でも水耕栽培ビジネスのうまみの少なさには触れられています。
では、なぜラファエルさんが紹介する施設は84%もの利回りを出せるのでしょうか。

それは、野菜の育成に必要な蛍光灯の数が半分で育てることができるから笑

さすが理由がひどすぎでしょう。
もうちょっとなんかなかったんか。

ほとんどの電気がLEDに変わった現代で電気代の変化なんて微々たるものです。
※水耕栽培はLEDでもできる。

しかも、蛍光灯の数が半分で大丈夫な理由も明かされませんでした。
最初は特許を取ってるから理由を話せると言っていたものの、結局動画内での説明はありませんでした。

三つ目は利回り84%の内容がめちゃくちゃであることです。

高麗人参のような単価の高い作物を育てると40%。
それに加えて、国から補助金が出るから合計で84%になるとか。

どんだけ補助金出るんでしょう。
もしほんとなら、日本の財政は潤沢。未来は明るいですね。

また、高麗人参を育てるのは水耕栽培では難しいです。
水耕栽培では一般的に葉物野菜が中心で、根菜は育てにくいんです。
※だから水耕栽培は儲からない。

この三つがラファエルさんが紹介した投資話のあやしい点です。

というか動画の作りからしておかしいところは満点。
いきなり、派手な化粧の美女が広報担当として出てきますが、その後は一切しゃべらない。とても企業の人間には見えません。

施設の説明は技術者と呼ばれる男性が行うのですが、なぜか彼は顔出しNGでした…

ラファエルの動画の概要欄から実際にLINE登録してみた

ラファエルさんの動画の最後では、興味のある人は概要欄のリンクから飛ぶように指示していました。
さっそく見てみると、なんどLINE@…
専用フォームどころか、ホームページもないんですね笑

登録してみると以下のような文言が送られてきました。


運営会社は“Agras Japan“という会社のよう。

GoogleでAgras Japanについて調べると、それっぽいところは見つかりませんでした。
ぜんぶが架空。さすがに法に触れる事件なりそうな感じまでしてきました。

LINEでの文言いわく、登記申請準備中であり、助成金関連の問題で登記まで時間がかかっているのだとか。
そんな時間かかるもんですかね…

配当についてなど、いくつか質問をしたのですが今のところ返信が来ておりません。
深夜であったので、これから進展があったら更新していきます。

まとめ|ラファエルは大丈夫?逮捕されない?

完全にこの投資は架空のモノであり、詐欺罪に触れる可能性まであるのではないでしょうか。
こういった手法をポンジスキームといいます。

1.最初の出資者を集める
2.次の出資者を集める
3.その資金は運用に回さず、最初の出資に配当金として分配する。

このように、実際には事業が存在しないのにも関わらず、まるで実際に利益が出たかのように振る舞うことができます。
詐欺の中では古典的な手法で1920年に生み出まれた伝統的な方法みたいですね。

この件に関して、ラファエルへどのような影響が出るのでしょうか。
まず、詐欺罪としてラファエルさんが逮捕されることはないと思います。

しかし、さすがにファンはどう思うのか…?
ラファエルさんはそういうキャラのYouTuberではありますが、さすがにやりすぎ感もあり、今後が注目されます。

おすすめの記事

【2018年】ラファエルの年収は5億?中卒から成り上がったYouTubeのNO.1ビジネスマンに迫る

2018.10.15

456万円?ひふみ投信の利回り・手数料から運用益を試算、不調の原因とデメリットのまとめを徹底考察

2018.11.06

株価急落・世界経済崩壊の原因ドイツ銀行危機を分かりやすく解説するよ

2018.12.12