父親の風俗通いを知ってしまったときに取るべき行動とは?

自分の父親が風俗に行っていた…

子供からするとかなりショッキングな出来事ですよね。

これからどんな顔で接していいのかわからない…
お父さんのことが気持ち悪く感じてしまう。

こんな悩みにどう対応すればいいのか考えていきましょう。

お母さんがいるのにお父さんが風俗に行く理由

風俗に行くなんて家族への裏切り行為のようで悲しさを感じてしまうかもしれません。

母親以外の女性に手を出すなんて不倫だ。
自分とさして都市の変わらない女の子に欲情するなんて。

そう思うのはもっともなのですが、お父さんはあなたが思うほどよこしまな思いで風俗に行ったわけではないんです。

男性からすれば風俗と浮気はまったくの別物なんです。
風俗ではたらく女の人に恋していたり、お母さんやあなたをすてて出ていくようなことはありません。

人間にとって性欲はなかなか切り離せない厄介な存在なんです。

テレビで人気の俳優やまじめな顔した先生。
みんなみんな性欲があります。

だからといって、みんながみんな性犯罪者のような気持ち悪い存在ではないですよね。
あなたのお父さんが風俗にいってしまうこと、アダルトサイトを見てしまうことも人間として当然のことなんです。

お父さんが汚らわしく、情けない存在のように感じてしまうかもしれません。
しかし、ふたを開けてみれば一般的な一人の男性にすぎません。

だからといって

面接官
「性欲があるのは本能なんだから認めろ!」
と言われても頭で理解できても、心から納得するのは難しいのではないでしょうか。

安心してください。
あなたがひどい子供なのではなく当たり前のことです。

お父さんが風俗に通うのが本能なら、あなたがお父さんを軽蔑してしますのも本能です。

では、このやり場のない気持ちをどうすればよいのか?
そして「父親が風俗に通っていた」という事実にどう向き合えばよいのか考えていきましょう。

母親には相談するべき?

家庭内の問題であれば、母親に相談するのが筋というもの。

ショックな出来事であるため母親と気持ちを共有したい。
この問題を母親に知らせなければ。

そう考える方も多いのではないでしょうか。

断言します。
お母さんには言わない方がいいです。

誰も得しない結果になってしまいます。

お母さんも一人の女性です。
あなたの前では明るく気にしていないように振る舞うかもしれません。

しかし、本心では大なり小なり悲しんだりお父さんに対する不信感を抱いてしまいます。

お母さんを傷つけないためにも黙っておくべきでしょう。

「これ以上風俗に通わせないために報告しなくては!」
と思ってしまう気持ちもあるかもしれませんが、風俗に行っていたことは実際にはさほど問題ではありません。

しかも、お父さんが風俗に行っていたことをバラすことでお父さんの居場所を奪うことになってしまいます。

心情的にはお父さんには風俗に行っていたことを反省してほしいと思うかもしれません。
でもお父さんの立場になってみてください。

家族を守るために毎日頑張って働いている。
それなのにちょっとした息抜きで風俗に行っただけで、犯罪者のような扱いを受けたらたまったもんじゃありません。

お父さんVS家族の構図になってしまうと最悪です。
居場所を求めて、さらなる風俗通いや不倫に手を出してしまう可能性までもあります。

家庭の平和、ひいてはあなたの人生のためにも黙っておくのが最良でしょう。

軽蔑の気持ちをどうすればいいのか?

家族のため、自分のためにこの件は忘れるのが一番です。
しかし、一度嫌悪感を持ったら忘れるのもなかなかむずかしいですよね。

毎日顔を合わせる家族だからこそのむずかしさ。
そんなときに試し目見てほしい方法をまとめました。

距離を置いて時間が経つのを待つ

なかなかいつもどうりに自然体で。というのは簡単なことではありません。
そこで、少し距離を置いてみることをおすすめします。

いま許せないと思っていることでも、時間が経てば考え方が変わることはよくあります。
そこで、じぶんの気持ちの整理がつくまで少し距離を置いてみるのがいいかもしれません。

人間は強い感情をずっと持ち続けられないようにつくられています。
個人差はあるものの、1週間~2か月あればどうでもよくなってたりします。

家族なので全く会わないようにするのは無理だとしても、自由な時間は自分の部屋にこもるようにするなどしてみましょう。

このときに注意したいのが“やりすぎない”ことです。
明らかに嫌いな雰囲気を出したり、完全に関係を遮断しようとすると、お父さんを遠ざけようとしているのがばれてしまいます。

すると、お父さんもお母さんもその原因を突き止めようとしたり、勝手にあなたの悩みを想像したりといいことは一つもありません。

大変かもしれませんが、役者になった気分で少しの間演技してみてください。

笑い話にする

悩み事は人に話すことで気が楽になります。
これは、話をしているうちに自分自身が問題に飽きてしまうからだとか。

人間って案外適当ですね(笑)

「父親が風俗に行っていた」というのは、女子であればなかなか言いずらい話題ですがなんでも打ち明けられる友達であれば軽い感じで報告してみるのがいいかもしれません。

ネットで相談する

リアルでこの話を切り出すのはちょっと…

そんな人におすすめなのがネットで相談してみることです。
ネットは基本的に偏った意見やひどいことを言ってくる人もいます。

しかし、特定されることもないためやり場のない思いを吐き捨てるには案外うってつけの場所かもしれません。

Yahoo知恵袋をのぞいてみると同じような悩みを持った人を見てみるのもいいでしょう。

男性の意見を聞いてみる

ざっくばらんに下ネタを話せる男友達がいれば、風俗の話を聞いてみるといいかもしれません。

先程も書いたように男性にとって風俗は結構気軽なスポットです。(その考え方自体にひいてしまう気もしますが…)
正直あまり行きたいと思っていなくても、飲み会のノリで友達や上司に付き合わないといけないこともあります。

男性の意見を聞くことによって、「そんなもんかー」と思えるようになるかもしれませんね。