20卒版|就活生が利用すべき無料webサービス7選

就活のサービスを利用した人 就活
「就活ってどうやって進めればいいんだろう」

情報がかなり重要となる就職活動。
しかし、就活を始めたばかりの方はどうやって情報を集めればいいのか分かりずらいですよね。

そこで、就活生が絶対に利用するべきサービスを用途別にまとめました。
19卒の私がフル活用していたものを厳選したので、20卒の方にもお役に立てると思います!

2分程度でサクッと読めるので、ぜひ参考にしてみてください~

大手ナビサイト(リクナビ)

日本一有名なナビサイト「リクナビ」
インターンシップ・本選考のエントリー用に登録しておきましょう。

「リクナビで企業を探そう!」
たしかに、リクナビは掲載数が多いので、企業探しに便利です

しかし、リクナビには広告を出していない優良企業も実は結構あるんです。
(ソフトバンクはリクナビになかったはず…)

そうした企業は、ホームページから直接応募するか、他のナビ就活サイトを利用しましょう。

選考対策・企業分析

Unistyle(ユニスタイル)

なんと、20300枚のESを無料で見ることができる「unistyle」!
就活生は絶対に利用した方がいいサービスです。

実際に、選考を通過したESや選考体験記を参考にすることで、企業の選考の雰囲気を事前に知ることができます。
これは、なかなか心強いですよね。

私は、理系学部から文系職種へと就活だったため周りから情報が入ってこなかったため、かなりユニスタイルには助けられました。

また、就活に関するコラムも多数掲載されています。
ESの書き方にまよったら、そうしたコラムを参考にするのもいいですね。

ONE CAREER(ワンキャリア)

ワンキャリアもユニスタイルと似ていて、選考情報が多く掲載されているサイトです。
かなり深い企業分析がされているページもあるので、業界・企業分析にももってこいのサイトですね。

ワンキャリアは、今年度の選考日程を知らせてくれる点もありがたいです。

外資系の企業やベンチャー企業、戦略コンサルなどの場合、夏・秋の内定直結インターンで募集を終了するケースも多いです。

そこで、気になる企業の選考スケジュールはしっかりと把握しておく必要があります。
そんなときにワンキャリアはとても便利です。

イベント・選考に参加できるサービス

ニクリーチ

こちらは個人的に推したいサービスです!
なんと、ニクリーチでは、焼肉を奢ってもらいながら就活ができるんです!

初めて参加したときは、「ほんとに肉くえるんだ…」と謎の感動を味わいました(笑)

焼肉も魅力的ですが、ニクリーチの魅力は人事との距離の近さ。

少人数での食事会なので、ざっくばらんに質問することができます。
業界や企業について、ネットや説明会だけではわからない魅力や情報を得られるんです。

私は、最初の頃コンサルを中心に見ていたんですが、ニクリーチでネット広告代理店の方とお話しして興味を持ち、最終的にその業界に進みました。

採用する側の社会人とお話しすることで、得られることはたくさんあるので、是非利用してみてください。

キミスカ

キミスカはプロフィールを設定しておくと、企業からスカウトされるサービスです。

就活生が企業にエントリーする方式と違い、企業はあなたに興味を持って応募しているため、合格率も高くなります。
(企業はスカウトメールを送るだけで、料金が発生するので、適当にオファーしているわけではありません。)

利用している企業は大手企業も多く、「NTTデータ」や「毎日新聞」なども利用しています。

スカウト型のサイトのデメリットとして、こちらから選ぶことができないので、志望業種以外からのスカウトが来てしまう点があります。
一方で

「まだ志望業界きめきれないよ!」
こんな人にとっては、時間を節約しながら様々な業界を知ることができるのでおすすめです。

また、キミスカに登録すると利用できる「性格診断」は数ある性格診断の中で一番生活だと思っています。

キミスカの性格診断は、150問の問いに答えることで、どんな特性を持っているかを判定します。
自己分析の助けになるので、やったことがない人は一度試してみるといいでしょう。

サポーターズ

サポーターズは起業イベント・選考に参加するとお金を支給してくれるサービスです。

首都圏の学生は1000円。
地方の学生は3000円が支給されます。

地方学生は登録しておきたいサービスですね!

サポーターズもニクリーチと同じように、食事をしながら企業の方とお話しできるイベントもいくつか開催されています。

キミスカが大手・中堅の企業からのオファーが多いのに対して、サポーターズに参加する企業はベンチャー企業が多いです。

特にITベンチャーでエンジニアを目指す人にはおすすめで、エンジニアに特化した、1on1面談や、合同説明会なども開催されています。
エンジニアを目指す人は登録しておくといいかもしれません。

Goodfind(グッドファインド)

グッドファインドは厳選された優良ベンチャー企業を紹介しているナビサイトです。
(サマーインターン前の時期は、外資コンサルなども)

私達が知っている企業のほとんどは、個人を相手にビジネスをするBtoCの大手企業ですよね。

しかし実際には、私たちの知らない企業が星の数ほど存在しているんです。
企業を相手にしているBtoBの企業や、ベンチャー企業などは特に見つけずらくありませんか?

Goodfindでは、掲載企業をしぼっている分、説明が充実しているため、より深くその企業の中身を理解することができます。

また、無料の選考対策セミナーも活発に行われているので、選考で悩んだときは参加してみるのもいいかもしれません。

OBOG訪問

ビズリーチキャンパス

社風や仕事内容を深く理解するには、OBOG訪問をするのが一番です。

しかし、なかなかOBOGとの接点が持てない人は多いのではないでしょうか。

そんな人たちにおすすめなのが「ビズリーチキャンパス」です。
ビズリーチキャンパスを介して、キャリアセンターを使用しなくても、簡単にOBOGとマッチングすることができるんです。

ただし、自分の大学のOBにしか連絡は取ることができません。

ビズリーチキャンパスに対応していない大学もあるので、自分の大学は大丈夫か確認してみましょう。

おわりに

今回は、就活を優位に進めるためのwebサービスを紹介しました。

実は、就活生を対象にしたサービスは他にもたくさんあります。
私はとにかく登録しまくっていたので、紹介したものにくわえて、8個も登録していました(笑)

しかし、正直まったく使っていなかったものもあり、今回は本当に役に立ったものだけを紹介しました。

就活は情報が大事になるので、これらを利用してがんばってください!