【2018年】ラファエルの年収は5億?中卒から成り上がったYouTubeのNO.1ビジネスマンに迫る

YouTuber

登録者数200万人の人気YouTubeラファエルさん。

そんな彼の活躍はYouTuberだけにとどまりません。
実はは中卒ながら4つの会社を経営する経営者でもあるんです。

ラファエルさんはどれだけ稼いでいるのか?
そして気になるYouTube以外の収入源とは?

マンガのようなサクセスストーリと共に見ていきましょう!

2018年10月時点でのラファエルの年収・収入源

一番気になるのはラファエルさんの年収。
なんと2018年10月現在で月収が約4000万円。
年収でいうと約5億円です。

具体的な収入源としては
アドセンス収入(動画を再生した際の広告収入)
1700万円(1再生約2.5円らしいです…!)

案件収入
200万×(10~20)=2000万円~4000万
(だいたいは月10本程度)

この二つを合計してだいたいYouTubeでの収入が4000万ほどになります。

そこに加えて、3つの会社の代表取締役を務めるラファエルさん。
アプリ開発の会社が2つ。コンサルの会社が1つ。
いずれも詳しくは公表していませんが、YouTuberラファエルとはほとんど関係のない会社のようです。

これらの会社については「出資を受けたのではなく自己資本で行っている」、「共同で会社を興した人がいる」との発言がありました。
このことから、ラファエルさんはバリバリ社長業をやっているというよりは、自分は出資者の立場から見込みのある人に経営を任せ、人脈をいかしてサポートするというポジションなのかもしれません。

編集は外注しているとはいえ、YouTuberとしても多忙なのでこの可能性は高いのではないでしょうか。

業績としてはまだまだで、なんとかマイナスになっていないくらいだとか。
ラファエルさんの役員報酬は200万円だということなので、3社合わせると600万円ですね。
(とはいえ、最初にもっと大量の出資をしている可能性が高いので、YouTube以外の事業はまだ種まきの段階でしょうけど)

会社が上手くいったらYouTubeで一番の資本家になりますね…!

また、YouTuberのおいしいところとして“経費”に含まれる支出が多いことをあげていました。
服や会食代なども衣装として経費に含むことができるので、一般の人よりもお得に買い物できるんです。(課される税金が少なくなるので)

そのため、月収4000万円の会社員よりもラファエルのほうが裕福な暮らしができちゃうわけです…!

ラファエルの経歴と収入の変化

現状で年収5億円。
そこにとどまらずにさらなるビジネスを仕掛けるラファエルさん!

しかしラファエルさんの人生はありがちな成功者のストーリーとは異なります。
中卒で自衛隊に入隊し、「漢字もろくに読めなかった」そうです。

そんなラファエルさんがどのようにしてここまでの資産を築いたのか?
彼の成り上がりサクセスストーリーを見てみましょう。

中学卒業から自衛隊入隊まで

ラファエルさんの生まれや家庭については動画内ではあまり触れられてはいません。
ご両親についてはほとんど言及されていません。

中学時代から調理のアルバイトをしており、早い時期から両親に頼らず自立していたのではないかと推測されます。
今はクッキングチャンネルで活かされている料理の腕はこのころに磨かれたんですね。

ラファエルさんは元自衛隊であることがよく知られていますが、自衛隊の入隊条件は18歳以上。
タトゥーに関する動画で高校の時に、短期間で消えるタトゥーを入れたことが告白していることから、高校は途中まで行っていたのかもしれませんね。

タトゥーを入れるほどですから、すこしやんちゃな青年だった可能性も高いですね。
いまのラファエルさんの感じや肝の据わった態度をみてもなんだか納得できます。
(しっかりすべきときはとても礼儀正しい方ですが)

自衛隊時代

自衛隊時代を「とても居心地がよかった」と振り返るラファエルさん。

「仕事ができる・喧嘩が強い・おもしろい」
このどれかに当てはまる人にとっては、自衛隊はとてもやりやすい職場なのだとか。
ラファエルさんは3つすべてに当てはまってそうですね。

幼いころから空手をやっていたこともあり、格闘技については自信を持っているラファエルさん。
自衛隊でも、選抜チームに選ばれるほどの実力だったとか。

殴られ屋の動画でのフットワーク、素手で車を本気で殴れる吹っ切れ具合をみると嘘ではないように思えます。

自衛隊員として順風満帆だったラファエルさんでしたが、自衛隊特有の年功序列に嫌気がさして退職します。
ラファエルさんがいくら成果を出しても、年齢や学歴が上の人(防衛大卒)のほうがどうしても優遇されてしまいますもんね。

FX時代・サラーリーマン時代(名古屋)

自衛隊を辞めたラファエルさんは、自衛隊時代に貯めた貯金を元手にFXを始めます。

ここでFXとマクロ経済について相当な勉強を積んだそうです。
FXに目から血がでるほど打ち込んだ結果、FXでも成功をおさめ、まとまった資金を手に入れます。

その資金をもとに不動産投資などにも手を出し、着実に資産を増やしていったそうです。

一方で名古屋である大企業(どれほどの規模から明かしていませんでしたが…)に勤め始めます。
業種は分かりませんが営業職だったようですね。

ここでもラファエルさんは活躍し、役職者になり部下を指導したりするほどだったようです。

会社でも出世し、お金もたくさんある。
ラファエルさんにとって人生はイージーだったのかもしれませんね。

だからこそ、新たな刺激を求めてYouTubeを始めたのでしょう。

YouTuber時代(名古屋→東京)

サラリーマンを始めながらYouTubeを開始したラファエルさん。
副業としてのYouTubeはやはり大変で、当時の睡眠時間は2~3時間だったそうです。

そのなかで、自衛隊の経験をいかした動画でだんだんと人気を得ていきます。

かつてのネクストステージの仲間である、ヒカルや禁断ボーイズをはじめ、様々なYouTuberとのコラボで登録者を伸ばしていきます。

余談ですが、現在のラファエルさんの動画は割と女性が登場する動画、お金を使う動画、渋谷でインタビューする動画の3パターンくらいに収まるイメージがありますよね。

しかし、初期のラファエルチャンネルは発想を活かしたネタ動画や元自衛隊を活かした武器紹介など、おもしろい動画がたくさんありました。
(最近の動画もキライじゃないですけどね!)
ラファエルさんを最近知った人は過去動画も見てみると面白いかもしれません。

2016年に会社を辞めてYouTube一本に取り組み始めると、YouTuberが世間に受け入れられ始めたことも相まって、加速度的に登録者が伸び始めます。

2017年にはヒカルさん達と共にネクストステージを結成し、一時期はYouTubeの中心まで躍り出ました。
(VALUの大炎上でその勢いは一度止められますが)

VAZを退社!kiii所属へ

炎上からも復活し、2018年の夏も面白い動画をアップしつづけ、過去最高の月間再生回数を達成したラファエルさん。

2018年の10月に所属事務所のVAZを退社し、Kiii所属となることを発表しました。

退社の理由は案件をガンガンやって稼ぎたいラファエルさんの考えと事務所の考えが合わなかったためだそうです。

Kiiiはラファエルさん曰く、一番自分の考えに合っていると感じた事務所らしいのでこれからさらに案件をやりまくって収入も増えていくかもしれませんね。

また、案件だけではなくクッキングチャンネルにも力を入れています。
日本食を海外に発信することをコンセプトとしており、海外の視聴者層を獲得できれば一番稼げるチャンネルになるのではないかと期待しているそうです。

ちなみに今は影武者が料理をつくっているのだとか笑

さいごに

中卒から成り上がって年収5億円も稼ぐビジネスマンとなったラファエルさん。
そんなラファエルのこれからの動画に注目ですね!